AGA治療でフッサフサ|青春時代の毛量カムバック

スーツの男性

薬で治療

ボリュームのある髪

AGA治療として行われるものとして代表的なのが、服薬治療です。発毛に嬉しい薬を服用することによって、薄毛を改善するのです。AGA治療で処方される薬の1つが、ミノキシジルです。ミノキシジルは、もともと高血圧の治療・改善が目的で作られた血管拡張剤です。血管を拡張させて血液の循環を促進するという効果があります。臨床実験の段階で、発毛の効果が認められたため、AGA治療薬として使用されています。
なぜ血管を拡張することで発毛効果があるのでしょうか。人間の体に必要な栄養素は、血液によって届けられます。それは髪の毛にも同じことが言え、発毛に必要な栄養は血液を介して届けられます。ミノキシジルを使用して血流を促進すると、その分多くの栄養が毛根に届けられて発毛に役立ちます。日本皮膚科学会でも最高ランクの効果があると推奨されている薬です。
ミノキシジルの特長として挙げられるのが、塗り薬と飲み薬があるという点です。塗り薬は直接頭皮に塗布します。敏感肌の方はお肌が荒れてしまうことも考えられますので、その場合は飲み薬を服用しましょう。ただし、飲み薬の場合は副作用として髪の毛以外の体毛も濃くなってしまうというデメリットが有ります。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で使用するようにしましょう。

ミノキシジルの他に処方されている薬が、プロペシアです。プロペシアはAGAの原因となる成分の発生を防ぐ効果があります。男性の体には、テストステロンという男性ホルモンが存在しています。テストステロンは男性らしい体を作ったり、男性器を発達させたり、バイタリティあるメンタルを形成させたりする効果があります。しかし、頭皮にある5αーリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという成分に変わります。ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を阻害するという働きがあります。それだけでなく、皮脂の分泌を促すという作用もあります。そのため、皮脂汚れ毛穴に詰まりやすくなって、毛乳頭に栄養が届かなくなってしまいます。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、テストステロンと5αーリダクターゼの結合を妨げるという作用があります。そうすることで発毛を阻害するジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができるのです。一年の連続投与をした9割の方が症状の進行が止まったと感じています。
このようなミノキシジルやプロペシアといったAGA治療薬を購入する際には、保険が適用されないとういことを覚えておきましょう。全額自己負担となりますので、出費額を確認してから始めるようにしましょう。