AGA治療でフッサフサ|青春時代の毛量カムバック

スーツの男性

シャンプーのコツ

薄い髪

AGA治療薬を服用することによって、薄毛を改善することができます。更に効果を上げる為に、頭皮を清潔にしましょう。脂性肌の方などは、頭皮の皮脂分泌量が非常に多いので、毛穴の皮脂汚れが蓄積している場合があります。皮脂汚れが毛乳頭を包み込んでいると、血液が届けた栄養をブロックしてしまい発毛を妨げてしまいます。そのような事がないように、しっかり頭皮汚れを落とすように心がけましょう。
頭皮の皮脂汚れを落とす際に大切なのが、シャンプーです。シャンプーの方法を間違っていると、皮脂汚れが落としきれずに薄毛の原因となってしまうことがあります。今までのシャンプーを見なおしてみましょう。まずは、ブラシで髪の毛を軽く整えましょう。その後、お湯を用いて皮脂汚れをサッと洗い流しましょう。水だと皮脂汚れが落ちにくいので、温かいお湯で洗うことが大切です。予め入浴して頭皮を開かせておくことで、毛穴の奥にある皮脂汚れまで落とすことができます。シャンプーを髪の毛に付ける際は、直接頭皮につけないようにしましょう。一度手に取って、しっかり泡立ててから髪の毛を洗うことが大切です。手で泡立てた泡を髪の毛につけて、指で優しくマッサージをするように洗っていきましょう。この時力強くゴシゴシ洗うと、必要な油まで根こそぎ取ってしまいます。油を摂り過ぎると、逆に皮脂の分泌量が増えてしまい皮脂汚れがつきやすくなってしまいます。洗い流す際は、顔を上げて額から後頭部にかけてお湯を流していきましょう。頭髪にシャンプーやリンスが残らないようにする必要がありますので、丁寧に洗い流しましょう。髪の毛を拭く際には、タオルを髪に当てて、トントンと叩くようにして水気を取っていきましょう。ドライヤーを使う際は、出来るだけ熱を発さないモードで乾かしましょう。
シャンプー選びもAGA治療に大切な要素です。お肌と同じ弱酸性の、アミノ酸系洗浄成分配合のものなどを選びましょう。また、毛穴を防いでしまうシリコンが入っていないノンシリコンのシャンプーも発毛に効果があります。また、刺激が強すぎるものは根こそぎ油を奪ってしまうので、低刺激のシャンプーを優先して選びましょう。AGA治療の効果が高まるシャンプーを行えるようにしましょう。